2019年12月1日日曜日

2019年12月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.1

こんにちは、店長の上野です。お待たせしました、石組チャレンジ@アクアテイク-E、二か月ぶりの開催です。
それでは、さっそく1人目の挑戦者をご紹介します。

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):やまち

挑戦者からのコメント:
「岩礁を目指していたのですが、放射状になってしまいました。来年もよろしくお願いします!」


☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「いつもトップバッターで挑戦してくれるやまちさん、今回も開店と同時にご来店です」

武江「いつもありがとうございます」

上野「さて社長、今月はフリースタイルということで、店内にある全種類の石が使えます。石を選ぶところから勝負ですね!」

武江「そうだね。今回やまちさんが選んだ龍王石は色々な石組に対応できる、使いやすい石だ」

上野「最初に目指したという岩礁のようなレイアウトにもぴったりですね。では、講評に入りましょう。構図的には奥の尖った石が親石だと思うのですが、一番大きいのは左手前の石ですね」

武江「そうだね。手前に大きい石を持ってくることによって遠近感を持たせてるんだね。これはこれでありだと思うよ」

上野「親石、細くてボリューム不足になりそうなところを、左下に他の石を添えてシルエットを補っています。これがばっちり決まってますね! ……社長、気になる点は?」


武江「右側の石、水草の選択を間違えると埋もれちゃいそうだね。キューバパールグラスとか、グロッソスティグマとかペタっと這うのにしないと」

上野「たしかに。エキノドルス・テネルスとかヘアーグラスを使うと完全に隠れちゃいそうですね」

武江「完全に放射状にするなら、寝ている石を起こして角度をつけてもいいね。そうしたら水草にも埋もれないし」

上野「なるほど。でも、今のままでも別におかしくないですよね。全体的に見て、質感、色味、石の目の向き等、特に違和感ありませんし」

武江「そうだね。やまちさん、初回から毎回挑戦してくれてるけど、回を増すごとに上達してるね!」

上野「ぜひ、今後も継続して挑戦していただきたいですね。それでは、最後に記念写真をご紹介」


武江「やまちさん、来年もよろしくお願いします」




基本ルールはこれまでと一緒ですが、今月に限り特別ルールがございます。

☆12月度特別ルール

・優勝特典は飾り石全品30%OFF券!
通常の20%OFF券よりもさらに割引率の高い30%OFF券です。年に数回あるセールでも、20%以上OFFになることはありません。チャンピオンを目指して頑張りましょう!

・フリースタイル! どの種類の石でも使用可能
挑戦者の皆様には毎月、指定の石を使ったレイアウトで競っていただきましたが、今回に限り店内にある全種類の石が使えます。

皆様の挑戦をお待ちしております!

過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

【12月末〆切】AQUA-Uレイアウトコンテストに応募しましょう!【まだ間に合う!】

こんにちは、店長の上野です。 早いもので、今年も残すところわずかとなりました。 ところで、今月末が〆切のレイアウトコンテストがあります。それは、アクアリウム用品メーカーGEXさん主催の“AQUA-Uレイアウトコンテスト”です。 こちらのコンテスト、ウェブで簡単に応募すること...