2019年7月31日水曜日

2019年7月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”審査中です!

こんばんは、店長の上野です。
本日、7月の“石組チャレンジ@アクアテイク-E”の参加を締め切りました。
最終的に挑戦者は13名と、予想以上の人数に。皆様、誠にありがとうございます。
さて、さっそく7月のチャンピオンを決める審査を行っておりますが、力作ぞろいで難航しております。




真剣な眼差しで審査に臨む審査員長・武江。

近日中に発表させていただきますので、お楽しみに! 初代チャンピオンの栄冠は果たして誰の手に……。

エントリーNO.1 ずいしょー 様

エントリーNO.2 Shu.Nishikori 様

エントリーNO.3 Hiroaki 様

エントリーNO.4 やまち 様

エントリーNO.5 しげ 様

エントリーNO.6 タッツー 様

エントリーNO.7 青木あや 様


エントリーNO.9 Xbp.ch/Platy.ch 様

エントリーNO.10 あひる 様



エントリーNO.13 にのじ 様

皆様も、どの石組がチャンピオンに選ばれるか予想してみてくださいね!

さて、7月の結果発表と前後してしまうのですが、8月の石を発表したいと思います。
来月の石は“龍王石”です。







寒色系で、ゴツゴツした質感が特徴で、石組レイアウトの定番といえる石です。

さっそく明日、8/1(木)から挑戦可能です。皆様の挑戦をお待ちしております!

そして最後に、武江にも黄虎石を使った石組を作ってもらうことにしましたので、お楽しみに! こうして公表することによって、退路を断とうと思います(笑) ちゃんと作ってくださいね、社長。

上野



過去の挑戦者たちの記事はこちら
2019年7月(黄虎石)
エントリーNO.1 ずいしょー 様
エントリーNO.2 Shu.Nishikori 様
エントリーNO.3 Hiroaki 様
エントリーNO.4 やまち 様
エントリーNO.5 しげ 様
エントリーNO.6 タッツー 様
エントリーNO.7 青木あや 様
エントリーNO.9 Xbp.ch/Platy.ch 様
エントリーNO.10 あひる 様
エントリーNO.13 にのじ 様

2019年7月29日月曜日

7/31(水)~8/5(月)の週間おすすめ品&入荷スケジュール

本日もご来店ありがとうございました。明日、火曜は定休日です。
水曜からの週間おすすめ品と、入荷スケジュールのご案内です。


ルドウィジアsp.スーパーレッド 沖縄ファーム産
通常価格 1個380円 3個980円
特別価格 1個280円

ワインレッドに染まる葉色が美しい、小型のルドウィジア。レイアウトに使いやすいです。CO2無添加でもある程度の赤さを見せてくれますが、この水草の真価を楽しむにはしっかり添加したいところです。エビに安心の国産無農薬。

グリーンネオンテトラ MLサイズ
通常価格 1匹180円 10匹1480円
特別価格 1匹150円 10匹980円

ネオンテトラやカージナルテトラよりも一回り小さく、青のラインが長いのが特徴。個体差で赤みの強い個体、弱い個体がいますが、どちらもグリーンネオンテトラです。石組レイアウトに良く似合います。

続きまして、今週の入荷スケジュールや営業情報等も合わせてお知らせします。

7/31(水)……ADAの山水石が入荷予定です。また、黄虎石を使った7月の石組チャレンジはこの日までです。8月はまた別の石で行います。
8/3(金)……エクストラ・フライデー、10時半から21時まで営業。
8/4(土)……定期の生体入荷日です。

8/4はADA(アクアデザインアマノ)創設者であり、アクアリウム界に多大な貢献をされた天野尚氏の命日です。その天野氏の始めた世界水草レイアウトコンテストの結果が届くのもそろそろですね。
不思議と今年は順位への執着はあまりなく、ただ、早く他の皆様の作品を見たいという気持ちです。

それではまた定休日明け、皆様のご来店をお待ちしております。

上野

2019年7月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.13

こんにちは、店長の上野です。
 “石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.13の挑戦者をご紹介します。

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):にのじ 様

挑戦者からのコメント:
「左奥への流れを感じるレイアウトを目指しました。楽しかったです。あと、プロのアドバイスはすごいと思いました。」

☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「社長、今回の挑戦者のにのじさん、欠かさず石組チャレンジの記事を読んでくれているそうですよ!」

武江「嬉しいねぇ」

上野「はい、そう言っていただけると、私も書いている甲斐がありますよ。……さて、それでは講評に入りましょう。私がまず気になるのは、底床材の敷き方ですね」

※底床材……ソイルや砂利、砂といった水槽の底に敷くベース。

武江「そうだねぇ。手前が厚いから圧迫感があるし、奥は高さがなくて平坦だから、全体にのっぺりした印象を与えてしまうね」

上野「左奥の小石なんかは、明確に遠近感を出す意図があっての配置だと思うのですが、後ろを高く盛り上げればその効果がさらに高くなるはず。崩れやすい大磯砂を使っているので難しいとは思いますが、是非、傾斜をつけてもらいたいところです」



武江「あと、俺が気になるのは。親石の位置かな。もうちょっと左にずらそう。根元には小石を添えて自然に見えるようにしつつ」

上野「社長、そうすると親石と、その後ろの石が完全に被ってしまいませんか?」

武江「うん、そうなると親石の輪郭がぼやけてしまうから、後ろの石はどかしちゃおう。それから、元々小さめの石しかない右手前がさらに寂しくなるから、そこは大きい石に変えよう」

上野「奥側の石たちは、底床材を高く盛ったのに合わせて高く持ち上げるんですよね?」

武江「もちろん。君が言うとおり、それによって遠近感を強調することができるね」


上野「……といった感じで色々と偉そうにアドバイスをしてきたわけですが、にのじさんの意図、やりたいことがわかるからこそ、それに合わせたお話ができるんですよね、社長?」

武江「そういうこと。天野さんもいつも言ってたけど、石組には意図がなければいけないんだよ」

上野「まず“こういう風に見せたい”という意図があって、その為にどうすればいいかを考えて工夫しよう、ということですね。漠然と作ってはいけない、と」

武江「うん。なぜそこにその石があるのか、説明できなきゃいけない」

上野「にのじさん、すごく勉強熱心な方ですし、はっきりと意図を持ってレイアウトを組んでくれました。社長、やっぱりこういう方って上達が早いですよね」

武江「うん。あとは実際に組んでいく内に技術が追い付いてくるからさ。試行錯誤しながら、たくさん石組を作ってみましょう」

上野「とはいえ、一般のご家庭でそんなに頻繁に石組を作るのなんて無理ですよ、社長。……あれ、石組チャレンジ@アクアテイク-Eって、一般のご家庭の方が気軽に石組を作れる、またとないチャンスなのでは。国内屈指の在庫量を誇る石を選び放題、使い放題で、後片付けの心配も無し。参加費無料どころか、飾り石10%割引券までもらえるなんて……」

武江「……お前、そういうところ本当抜け目ないよな(笑)」

上野「へへ……(笑) さて、それではこの辺で講評を終わりたいと思います。最後に記念写真をご紹介」


武江「にのじさん、遠方からお越しいただきありがとうございました」

上野「来月もお待ちしております! 是非、毎月ご参加ください(笑)」

まだまだ皆様の挑戦をお待ちしております!

☆今月の石は黄虎石です

過去の挑戦者たちの記事はこちら
2019年7月
エントリーNO.1 ずいしょー 様
エントリーNO.2 Shu.Nishikori 様
エントリーNO.3 Hiroaki 様
エントリーNO.4 やまち 様
エントリーNO.5 しげ 様
エントリーNO.6 タッツー 様
エントリーNO.7 青木あや 様
エントリーNO.9 Xbp.ch/Platy.ch 様
エントリーNO.10 あひる 様
エントリーNO.12 Ka. 様

2019年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.6

こんにちは、店長の上野です。8月の石組チャレンジ@アクアテイク-E、6 人目 の挑戦者をご紹介します。 正面図 上から ...