2022年9月25日日曜日

【第11回】2022年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.4

 こんにちは、店長の上野です。

第11回・石組チャレンジ@アクアテイク-Eの講評記事です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2022年8月の題材は黄虎石!
4人目の挑戦者をご紹介します!

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):山本薫 

挑戦者からのコメント:
「流しました♡」

☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「流されちゃいました♡

武江「やめてくれ、気色悪い(笑)」

上野「……はい、では、講評に入りましょう。全ての石の角度をほとんど揃えた石組ですが……」

武江「うーん、基本的にはね、石と石を平行に置くのはタブーなんだよね」

上野「天野尚さんの提唱するネイチャーアクアリウムではそうですね。近年のIAPLC(世界水草レイアウトコンテスト)では、あえて流木や石を平行に置くことで強い勢いを表現したものも散見されますが……」

武江「ああいうのはタブーを逆手にとっているから、見る人に強い印象を与えるよね。その反面、本当に上手く作らないと、マイナスの印象を与えてしまう」

上野「ハイリスク・ハイリターンな手法ということですね。今回の山本さんの石組は……」

武江「もうちょっと頑張ってほしいかな! まず、それぞれの石の大きさが似通っているのが気になるね。親石が何個もあるような感じだ。大小の石を使って、メリハリを付けたい」

上野「なるほど。具体的にはどうしたらいいでしょうか?

武江「右奥の石が特に目立ってしまっているから、それを小さくしつつ、真ん中の石を大きくしたらバランスが良くなるんじゃないかな



上野「なるほど。たしかに右奥の石が親石より目立っていますからね。……色々好き勝手言いましたが、挑戦者の皆様には色々な石組に挑戦してほしいですね!」

武江「そうだね、もう11回目だから、目新しいのにもどんどん挑戦してほしいね! 」

上野「石の流れは意識しても、常識には流されずに……すみません、言いたかっただけです。最後に記念写真をご紹介」


武江「山本さん、ありがとうございました!」


☆8月の石は黄虎石です。
過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

【第12回】2022年12月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.1

  こんにちは、店長の上野です。 第12回・石組チャレンジ @アクアテイク-E の講評記事です。 “石組チャレンジ@アクアテイク-E”2022年12月の題材は山水石! 1人目の挑戦者をご紹介します! 正面図 上から お名前(匿名、ハンドルネーム可) :やまち   様 挑戦者からの...