2019年8月14日水曜日

店内の45㎝水槽をリニューアルしました!

こんにちは、店長の上野です。久しぶりに水草レイアウトの紹介記事を書きたいと思います。最近は石組チャレンジの記事が多く、画像一覧が茶色と灰色に染まっているので、たまには緑色の画像を載せましょう。

水槽サイズ:45×27×30(㎝)
照明:アクアスカイムーン451(ミラーユニット付き) 1日9時間
CO2:1秒1滴
底床材:アマゾニアノーマル、パワーサンドS
水草:コブラグラス、ピグミーマッシュルーム、ラヌンクルス・イヌンダタス、スタウロギネ・レペンス、ブセファランドラ・クアラクアヤンⅠ、ミクロソリウム・プテロ・フレーミング、ボルビティス・ヒュデロッティ、ニムファ・ミクランサ、クリプトコリネ・スピラリスタイガー


前回は木化石とウォーターローンを使った山岳系レイアウトでしたが、今回はホーンウッドを使った凹型レイアウトにしました。


今回前景草に選んだのはコブラグラス。成長が遅く、コケが付きやすいので最初からたくさん植えるのが上手く育てるコツです。今回はトロピカ社の組織培養カップを贅沢に4個使いました。武江曰く、それでも少ないくらいだそうで。左奥のピグミーマッシュルームはワンポイントに。


右端にはワンポイントでラヌンクルス・イヌンダタスの侘び草を設置。変わった形の葉が可愛らしいです。


ミクロソリウム・プテロ・フレーミング。私もレイアウトに使うのは初めてです。名前の通り、揺らめく炎のように波打った葉を展開するのでしょうか? 今後の成長に期待です。


今回のレイアウトの大きなポイントになるニムファ・ミクランサ。まだ流木の陰に隠れていますが、その内、浮葉を出してくれるはずです。毒々しい斑模様が個性的。


後景にはクリプトコリネ・スピラリスタイガーも植えました。ADAの組織培養カップ、みずくさの森です。水中用は褐色の細葉で、名前のように虎柄?の様な斑が入ります。

……といった感じで、今回は少し個性的な水草を植えてみました。お魚はブラックファントムテトラやレッドファントムテトラといった、体高が高めのハイフェソブリコンを泳がせる予定です。
レイアウトの完成をお楽しみに!

上野

2019年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.6

こんにちは、店長の上野です。8月の石組チャレンジ@アクアテイク-E、6 人目 の挑戦者をご紹介します。 正面図 上から ...