2021年4月22日木曜日

2021年4月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.7

  こんにちは、店長の上野です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2021年4月の題材は黄虎石です。
7人目の挑戦者をご紹介します。

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):マツモト 

挑戦者からのコメント:
「“山”という漢字をそのままレイアウトにしようと思いました。頂上を水槽のど真ん中にくるように据えてから、細かい石を並べていきました。素材がたくさんあったので、とても楽しかったです」

☆講評、アドバイス(武江、上野、川島)

上野「今回が初挑戦のマツモトさんです。凸型構図で挑んでくれました!」

武江「川島くん、おさらいだ。レイアウトの基本構図3つは?」

川島「三角、凹、そして今回の凸型ですね」

武江「その通り。簡単すぎたかな」

上野「個人的な得意不得意はあると思うんですけど、私は一番凸型が難しいと思っています」

川島「自分も凸が一番苦手です」

上野「バランスのとり方が難しいよね。でも、今回のマツモトさんの石組、かなりいいんじゃないでしょうか!」

川島「あんまり欠点らしい欠点がないですよね」

上野「ただ、御本人は“頂上を水槽のど真ん中にくるように”据えたとコメントされていますけど、本当は左右どちらかに重心をずらした方が良かったですね。左右対称を避けるために

武江「とはいっても、ちょっと左にずれてるし、そんなに気にならないね」

川島「実物はもっと左にずれて見えましたよね」

武江「そうだね。この石組チャレンジはあくまで写真での出来を講評するイベントだけど、実物はもっと良かったね」

上野「あんまり欠点の指摘が出てきませんが、社長、どうでしょうか?」

武江「真ん中手前の石だけ違和感があるかな。他は角ばった石なのに、それだけ丸っこいから。目立つ短所はそのくらいかな」


上野「上からの写真を見るとわかりますけど、水草の植栽スペースも確保しているんですようね。ニューラージパールとかが似合いそうです。本当に、欠点を探すのが難しいくらい完成度が高いですよね」

川島「これ、今の状態だと茶色一色ですけど、山の中腹が水草の緑で区切られたらさらに良くなりそうです」

上野「……というわけで、今回は3人ともかなりの高評価でした。最後に記念写真をご紹介!」


武江「お、この角度から見てもいいじゃん。挑戦ありがとうございました」

上野「ナイス柄シャツ! 一万点加算!」


☆4月の石は黄虎石です。

過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

当店秘蔵の万天石をご紹介・その7

アクアテイク-E秘蔵の万天石シリーズ、その7は小型特集! ※税込み価格です。海外への発送はご容赦ください。 また、万天石は以下の理由で通販を行っておりません。 ・原則通販禁止のADA製品であること。 ・質感の良いものほど配送時に破損するリスクが高く、破損したときに補償が出来ないこ...