2022年3月19日土曜日

【第9回】2021年12月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.6

  こんにちは、店長の上野です。

お待たせしております、昨年の12月に開催した石組チャレンジの講評記事です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2021年12月の題材は山水石です。
6人目の挑戦者をご紹介します!

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):ひらりおん 

挑戦者からのコメント:
「親石2つになってしまいました。決めかねました。大きな石を使えて楽しかったです」

☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「さぁ、6人目の挑戦者です。早速講評に入りましょう。ご本人のコメント通り、親石クラスの石が2つありますね

武江「右側の石、いいじゃない。右側を親石にして、修正案を考えよう」

上野「たしかに、右側は角度も配置も悪くないですよね。そうすると、当然左側のサイズダウンが必要になります」

武江「そうだね、あと、真ん中の石はいらないね」

上野「特別な意図がない限り、左右の石は繋げない方がいいんですよね」

武江「そうそう、メリハリがなくなっちゃう」

上野「左側はどうしましょうか?」

武江「大きさを小さくした方がいいんだけど、それ以外に、親石と平行な角度なのも気になるね。もう少し寝かせよう」

上野「向かい合う二つの石が平行になっていると、不自然に見えてしまうということですね。ところで、小さくすると左側のボリュームが少なくなるので、端に捨て石も追加しましょう」


武江「うん、こっちの方が右側の良さが引き立つね」

上野「それでは講評はこのあたりで、最後に記念写真をご紹介。ひらりおんさん、ありがとうございました」


武江「いつも楽しそうに挑戦していただいて、ありがとうございます」


☆12月の石は山水石です。

過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

2022.10.7(金)入荷情報

 10/7(金)の入荷情報です。 独便のラミレジィが久しぶりの入荷です。 ラミレジィと言ったらやっぱりドイツラム! という方はぜひ。 今回はコリドラスがいつもより多め。 水草はエキノドルス・ホレマニーレッド(水中葉)が状態良好でおすすめです。 陸上植物各種、珍しめのものが少し入荷...