2022年11月27日日曜日

【第11回】2022年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.10

 こんにちは、店長の上野です。

第11回・石組チャレンジ@アクアテイク-Eの講評記事です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2022年8月の題材は黄虎石!
10人目の挑戦者をご紹介します!

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):たまねぎ 

挑戦者からのコメント:
「普段は流木を使ったレイアウトにしているのでとても新鮮でした。いくつもの石を自由に取り扱えたのでとても楽しむことができました。この石組のポイントは、山岳を意識したところと、そこに刺々しさを加えて迫力を増したところです」

☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「10人目は今回が初挑戦のたまねぎさんです

武江「挑戦ありがとうございます」

上野「山岳を意識したということですが、石を垂直に立てるのではなく、傾けることで緊張感と迫力を出していますね」

武江「パッと見た感じ、見映えのする石組だね。ただ、親石がはっきりしないかな」

上野「山岳風の石組、三尊石組のように明確に親石があるわけではありませんが、ある程度のメリハリが欲しいところですね」

武江「うん。ちょっと似たサイズ感の石が多いかな。位置的には中央左寄りの石が親になると思うんだけど、右奥の石の方が大きくて目立っちゃってる

上野「遠近感を考えても、後ろの方の石があんまり大きいのはよくないですね」

武江「右側の組み方は決して悪くないからさ、奥の石のボリューム感を控えめにするだけでかなり良くなるはずだよ」

上野「 “右側の組み方は”とは、少し含みがありますね。左側は……

武江「左側はね、奥の石が寝すぎなのがよくないね


上野「そうですね。右側の石とくっつきそうで窮屈に見えますし。この石はもっと起こした方がいいですね」

武江「そうだね。さっき指摘した右側の石と、この左側の石を修正すると、かなり全体の印象がまとまるね」


上野「そうですね。……しかし社長、お若い挑戦者が続きますね。石組の未来は明るそうです!」

武江「そうだね! これからもどんどん挑戦してほしいね!」

上野「……では、講評はこの辺で。最後に記念写真をご紹介」


武江「たまねぎさん、ありがとうございました!」


☆8月の石は黄虎石です。
過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

2023.1.27(金)入荷情報

 1/27(金)の入荷情報です。 今回はお魚の仕入れが面白いです。 純淡水で飼育可能な鉄砲魚、ゼブラ・アーチャーフィッシュが入荷。 タンガニーカ湖原産のメダカ、ランプリクティス・タンガニカヌスも届きました。 メダカというと、スモールアルゼンチンパールも。 コリドラス・ハブロススや...