2022年11月28日月曜日

【第11回】2022年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.13

 こんにちは、店長の上野です。

第11回・石組チャレンジ@アクアテイク-Eの講評記事です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2022年8月の題材は黄虎石!
13人目の挑戦者をご紹介します!

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):n.tommy528 

挑戦者からのコメント:
「時間制限のある中で石組をしたのは今回初めてだったのですが、こんなに難しいとは思ってもみませんでした。もう汗だくで必死でした!! でも楽しかったです。ありがとうございました!!」

☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「今回の挑戦者の方は遠方からいらっしゃったそうです

武江「遠くからありがとうございます」

上野「さぁ、早速講評に入りましょう。中央奥から外側に向けて放射状に石を散らした石組。パッと見て、上手いなぁという印象を受けますね!石が手前に迫ってくるような迫力があります」

武江「そうだね、丁寧に作られてるよ。ただね、上のスペースがちょっと空きすぎな気もするね」

上野「たしかに、言われてみれば。こういう石組は、120×45×45(㎝)等、ワイド比率の水槽で良く映えるスタイルですね。今回の60×30×36(㎝)水槽は縦の比率が大きいので、難しかったかもしれません」

武江「そうそう、60規格水槽で石組やるのって結構難しいんだよね」

上野「では、修正するとしたらどのあたりでしょうか、社長」

武江「まず、左側の一番大きい石が寝すぎなのが気になるかな。一番目立つ場所にある親石的な石だから、これがお辞儀してると勢いがそがれて見える。右側の石が結構角度を強めに付けてるから、全体的にアンバランスにも見えるしね」

上野「では、親石を少し起こせばいいですか?

武江「そうだね、後ろの石も合わせて角度を調整するのを忘れずに。そうすると、上のスペースも程よく埋まるしね


上野「右奥の角度が急な石、これは逆に少し寝かせた方がいいでしょうか?」

武江「うーん、そうだね、寝かせるとしたらほんのちょっとだけね。左側の角度を上げるなら、右はそのままでもそんなにおかしくないと思うしね」

上野「全体のバランスを見ながら調整、といった感じですね」


武江「そうそう」

上野「……そうはいっても、中々の完成度の高さでしたね! では、最後に記念写真をご紹介します」


武江「n.tommy528さん、ありがとうございました!」


☆8月の石は黄虎石です。
過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

2023.1.27(金)入荷情報

 1/27(金)の入荷情報です。 今回はお魚の仕入れが面白いです。 純淡水で飼育可能な鉄砲魚、ゼブラ・アーチャーフィッシュが入荷。 タンガニーカ湖原産のメダカ、ランプリクティス・タンガニカヌスも届きました。 メダカというと、スモールアルゼンチンパールも。 コリドラス・ハブロススや...