2021年1月30日土曜日

2020年12月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.5

 こんにちは、店長の上野です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2020年12月、5人目の挑戦者です。

正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):山本 薫 

挑戦者からのコメント:
「石の迫力を活かしつつ夫婦石風に仕上げてみました」

☆講評、アドバイス(武江、上野、川島)

上野「5人目は初挑戦! 山本薫さんです。ダイナミックな石組を作ってくれました!」 

川島「おーー! いいですね!」 

上野「大きな声出すからびっくりしたよ!(笑)」 

武江「でも、たしかに良い出来だね」

上野「では、早速講評を。いつも通り、気になる点から」

川島「うーーん、ありますか?」

上野「川島くんはこの石組がずいぶん気に入ったみたいだね(笑) 私は、左奥の石はもうちょっと大きい方がいいと思うのですが……でも、この水槽サイズだと窮屈になっちゃいますね」

武江「そうだね。現状でも迫力がある反面、ちょっと窮屈に見える。そこが欠点といえば欠点かな」

上野「窮屈といえば、水草の植栽スペースが少ないのも気になりますね。この石組チャレンジはあくまで植栽前の構図組を評価するイベントではありますが……。今回の水槽は60×30×36(㎝)ですが、60×45×45(㎝)くらいの方が余裕があっていいかもしれません」

武江「ただ、水槽サイズに対して大きい石を使っているからこそ、迫力が出ているともいえる。その辺は短所・長所が表裏一体になるから、一概には言えないね」


上野「なるほど。社長、では今度は良いところを」

武江「最初に言った通り、迫力がある点がいいね。石も質感の良いものを選んでいる。親石の角度も悪くないし、なかなか良い出来なんじゃないかな」

上野「山本さん、初挑戦でハイレベルな石組を作ってくれました。講評はこのくらいにして、最後に記念写真をご紹介」


上野「本名で、顔出しもOKということで」

武江「山本さん、ありがとうございました。次回も是非お願いします」

☆今月の募集は終了しました。

☆12月の石は龍王石です。

過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

2021.7.24(土)入荷情報

7/24(土)の入荷情報です。 南米淡水フグ、久しぶりの入荷! 適度にふっくらして状態良好です。 アベニーパファー、ワイルド個体はシーズンオフで、東南アジアの養殖物が来ています。 水草は南米原産のトニナ等が入荷しましたが、育成しますので、少々お待ちください。 その他、ショーベタ、...