2023年3月22日水曜日

【第12回】2022年12月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”エントリーNO.11

   こんにちは、店長の上野です。

第12回・石組チャレンジ@アクアテイク-Eの講評記事です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2022年12月の題材は山水石!
11人目の挑戦者をご紹介します!
正面図

上から

お名前(匿名、ハンドルネーム可):山本薫 

挑戦者からのコメント:
「“右手に強さ、左手に優しさ”を意識してみました」

☆講評、アドバイス(武江、上野)

上野「さぁ、講評記事も残すところあと2人分。早速講評に入りましょう。社長、今回の山本さんの石組は指摘する点がはっきりしていますね

武江「うん。右側と左側の印象がバラバラ!」

上野「右側は勢いがあっていいのですが、左側はのっぺりとしすぎですね」

武江「そうだねぇ。どっちかにテイストを合わせるなら、右側に合わせた方がいいだろうね」

上野「“右手に強さ、左手に優しさ”とコメントにありますが、両サイドに強さと優しさを持たせた方が、全体としてのバランスはよくなるでしょう。……私もそういう人間になりたいものです」

武江「どうした、急に(笑)


上野「……話を戻しましょう。最初にお話しした通り、右側の出来は非常に良いですよね。親石の角度にしても、他の石との目の合わせ方にしても。もしかしたら、右側を先に組んでいて、さぁ、左を組もう! となったときに、良い石がもう無かったのかもしれません。そういうときは、右側の質感を左側に合わせて少し優しくしてあげましょう」
武江「そうだね、わざと悪くするってわけじゃないけど、バランスを取らないとね」


上野「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない……チャンドラーの小説の主人公・フィリップ・マーロウの名台詞です。今回は別に関係ないですけど。……では、最後に記念写真をご紹介」


武江「山本さん、ありがとうございました。上野の戯れ言は聞き流していいですよ(笑)」


☆12月の石は山水石です。
過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

2024.6.20(木)~21(金)入荷情報

 6/20(木)~21(金)の入荷情報です。 お魚はドイツラムが久しぶりに入荷しました! 水草は組織培養としては新着のハイグロフィラ・セルピラムや、お久しぶりのアルアナの夕焼け等々。 ※価格は税込み、通販不可。 〇熱帯魚 カラシンの仲間 ・グリーンネオンテトラ Wild コロンビ...