2021年1月30日土曜日

2020年12月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”特別編(挑戦者:上野)

 こんにちは、店長の上野です。

“石組チャレンジ@アクアテイク-E”2020年12月、全ての挑戦者の講評が終了しました。
優勝者発表の前に、箸休めとして私の石組をご紹介します。武江と川島に講評してもらいました。

正面図

上から

挑戦者:上野 知明

挑戦者からのコメント:
「遠近感を重視した石組を作りたかったのですが、20分では作り込みが足りず、うーん……」

☆講評、アドバイス(武江、川島)

武江「今回は上野くんの石組ね。あいつ、今まで散々偉そうにしてきたから、ケチョンケチョンにしてやろうな、川島くん!」 

川島「自分はそこまでは(笑)」 

武江「まずね、親石が立ちすぎ! あいつ、今までの講評で何を学んだんだ」 

川島「上野さん、他の挑戦者の石組に同じ指摘をしてましたよね」

武江「どんどんいこう! 親石の左の添え石は向きが逆! 流れが全然わかってないな、あいつ」

川島「はい」

武江「あと、右端の二つの石の位置はどう考えても逆の方がいい。なーにが“遠近感を重視”だ。手前に小さな石、後ろに大きな石を置いてどーすんの。逆だよ逆! 小賢しく一番後ろに小石なんか置く前に、もっと目立つところをどうにかしなくちゃ

川島「はい」

武江「俺ばっかりじゃなく、川島くんもなんか言ってやんな!」

川島「えー、自分は別に……。そうですね、手前の石なんですけど、左が2個、右も2個、合計4個の偶数なのが気になります。石組の基本は奇数個ですよね? たしかに、後ろも合わせた全体の個数は7個ですけど……」

武江「そう! 目立つところが偶数じゃダメ! あいつ、それも前に自分で言ってなかったっけ?」

川島「あー、言ってましたね」

武江「川島くん、もっと言ってやれ!」

川島「そうですね……。コメント欄で、時間が足りなかったとか言い訳するのはカッコ悪いと思います。自分は9分で作りましたよ」

川島の石組講評記事はこちら↓


武江「言い訳なんかして、男らしくない奴だな」

川島「社長、上野さんに何か恨みでもあるんですか……?」

武江「そんなことはない。成長してほしいからこそ、愛の鞭だよ。川島くんも“もっと精進して欲しいですね”って言ってるぞ、上野くん!」

川島「自分は言ってないですよ!(笑)」

武江「まぁ、あんまり言いすぎてもかわいそうだから、この辺で講評はおしまい! 上野くんだけじゃなく、スタッフ一同、切磋琢磨していきましょう」


……というわけで、好き勝手に言われた講評、というより酷評でした。
「言うは易く行うは難し」とか「岡目八目」とか言いますからね。
以前、武江の石組を酷評したのを根に持っているのかもしれません。

該当記事はこちら↓
“石組チャレンジ@アクアテイク-E”特別編(芦田さん、細川さん、武江)

とはいえ、精進しましょう!
ところで次回の記事では武江の石組をどんな風に酷評してやろうかと楽しみにしていたのですが、なんと、武江は石組チャレンジをしませんでした。
開催期間が終わるや否や、武江は石組チャレンジ用の中からめぼしい石をえらび、自分のIAPLC2021(世界水草レイアウトコンテスト2021)用水槽に入れてしまったからです!
なんて卑怯な……。これでコンテストまで悪い順位だったら許しませんからね、ボス。
……というわけで、次回は優勝者の発表記事になります。皆さんも、どなたが優勝するか予想してみてくださいね!

上野

☆今月の募集は終了しました。

☆12月の石は龍王石です。

過去の挑戦者たちの記事はラベル「石組チャレンジ@アクアテイク-E」をクリックすると読めます。

【第8回】2021年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”優勝者発表!

 こんにちは 、店長の上野です。皆様お待ちかね、石組チャレンジの優勝者発表です。 2021年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E” 題材:龍王石 参加総数:9名 審査委員:武江春治、上野知明 上野「お待たせしました、2021年8月“石組チャレンジ@アクアテイク-E”の優勝者を発...